funny room # 2
capu個

@ ART HOUSE(2003.12.6〜11)

 capu がおおくりする funny room は、今回で二回目。 ときは2003年12月。capu からの クリスマスのプレゼント。 普段の生活でつい見落としてしまいそうな楽しみや疑問。capu はそんな普段 見落としがちな 愛すべきものたちを 知っていただくお手伝いをいたします。 あなたの 子供のような感性を よびおこさせてあげたい。 作品には そんな想いが込められています。 funny room では そんな キラメキの空間を 演出しています。
 会場では 雑貨や絵本(ベルトルとビビット)、刺繍作品、人形、ポストカードを展示販売していました。 (絵本にはリラックス・ミュージック・ユニット「パジャマスタイル」さんのCDがついています。 音楽を聴きながら読んでいただけるととても良い感じ)このページではfunny roomの独特でかわいく、奇妙な世界を紹介していきます。

Bertol&Vivid
今回のメインキャラクターのベルトルとビビットです。
8種類の服と着せ替え人形。
(上の写真のベルトルの服を脱がせるとこの写真の様にヌメっとした感じになります。)
ポストカード。
絵本付きCD 。
(CDは「パジャマスタイル」さんのキラキラした音が入っています。ベルトルとビビットの話し声も。)
赤いリンゴの入れ物にはcapu個展恒例の飴ちゃんが入っています。
期間中はここに飴を補充するのが楽しみでした。

お家&ヘビさん(街)
フワフワのお家。(3種類の家。それぞれお家模様の刺繍がしてあります。
)
フワフワヘビさん。 (口の中にはHAPPY HOLIIDAYSのアプリケが歯のようについています。)

capuにはかかすことのできないヘビさんです。
前に作った布絵本の中から登場しました。
本当はもっと大きいのを作りたかったのですがバランスがおかしく、この大きさになりました。

このときは個人的の小花模様が好きだったので、このお家のように作品に反映されています。

コロコロドーナツ
チョコ味。(MARRY CHRISTMAS
のアプリケ)
ミルク味。(星を追いかけるサンタさん)
イチゴ味。(群れをなす蟻達)
アップは右列の上3つ

このドーナツを振ると、私の大好きな懐かしい音
が鳴り響きます。
私はドーナツの形が好きで食べもしないのに買ってしまう癖があります。
一番好きなのはフレンチクルーラー。
機会があればこのドーナツのように作ってみたいです。



てんしさん
女の子です。笑
背中には小さな羽も付いています。(右列一番下の写真。)
素材は二重ガーゼとパン綿です。
赤ちゃんが噛んでも大丈夫。

この子は在廊中に完成しました。
私はどうしても布のお人形が作りたくてたまらなかったのです。
時間さえあればイラストを描き、どんな子を作ろうかと毎日考えていました。

全体のディスプレイ
全体のイメージは雪の降るクリスマス。
雪ムシ(右列下から2番目)の付いたツリーを大きな白くまが持って雪に降られています。
ディスプレイ2階部分は小さい女の子の暖かいお部屋の飾り棚。(アップは上のイメージ写真)
3種類の刺繍フレームとコロコロドーナツ、コロコロマフィン、ベルトル。
1階部分は上記にもあるのですが雪の街です。
ヘビさんは守り神。
下から顔を出しているのは白くまのファブリック、暖かいです。

今回は本物のお菓子を使ってトピアリーやガーランドを作ってみました。
天井からツリーに流れる星にもグミキャンディのCAPUという文字がぶら下がっています。
当日は、この雪を付けることから何もかもが楽しくて、一人ニヤニヤしながらディスプレイしていました。傍から見たら変な人ですよね。

以前日記にも書いたのですが、私にとってこの個展は「自分らしさ」というものを考えさせられるものでした。今もこれらをまとめながら色々考えています。
とりあえず、しばらくcapuは休息を取らせていただきます。
今までたくさんのアドバイスをくださったART HOUSEの方々、capuの作品に共感してくださった方々、協力してくれた友達、ありがとうございました。
時間はかかると思いますが、新しくなったcapuを楽しみに待っていてください。

Copyright (C) 2003 capu. All Rights Reserved.